スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
昨日、小学校の教師のブログを読んだ。若い教師の熱い実践意欲が感じられた。そして、特に、ここで書きたいことは、そこに見らたその先生と多くの保護者や他校の教師とのブログ上の交流である。私は投稿記事に「教育におけるWEV2.0の時代の新しい波を感じます」と書いたが、実際、そのことを衝撃的に感じ取った。学校教育と家庭・地域の連携の新しい可能性がここにあると思ったからだ。また、指導法研究も校内や近隣校にとどまらず全国、世界的な規模で同じテーマについて関心を持つ教師が意見交換ができる時代が到来したのだ。
スポンサーサイト
【2006/11/17 11:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
いくつか書かれたことを読ませていただきました。行間体育や道徳の件、そうだなと思いました。もしも、ここに書かれていることがぼくのことでしたら、意見交換しながら、互いに学ぶよさがあると思っています。若くはありませんが、ぼくが書いた高齢者の件についてはなるほどと思いました。特に「教育評価」を実践に生かすお考えに納得しました。
【2006/11/17 21:13】 URL | you329ta #-[ 編集]
返信遅くなりましたm(_ _)m
素敵な波が広がりつつある…というこの内容を読ませていただきました。まさに、自分の学校も目指すはこれなんです…と、とても大きな野望なんですが…。全国に発信し、双方向性のある研究学校…ともすると今までのいわゆる研究学校は、その時だけ、成果主義、理論と実践の遊離…という印象がありました。まずはこれを打破したいと!小学校の先生なんですね…自分も五年間だけですが小学校の経験があります。中学校に赴任した時に、教科の壁を強く感じました。昨年から三年間の研究学校になり、まずは教科の壁をなくす…これが第一目標でした。全体としてはなくなった感じです。
【2006/11/18 08:29】 URL | 研究主任 #Pg6Ch65A[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/99-38c1f71d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。