スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
昔のほとんどの農家では鼠対策に猫が飼われていた。子どもの頃、猫の様子を観察すると我々人間には聞こえないもの、見えないものに常に反応する。猫が急に視線を向けた方向を見ても自分には何も認められないのが不思議であった。人間の能力では捉えられない何かを感知していることは確かであろう。これに類することは犬の嗅覚や、兎の聴覚、その他蚊のような小さな昆虫の様々な能力など我々の知るかぎりでも枚挙にいとまがない。我々ヒトはどうであろうか、確かに科学技術による優れた道具はもっているが、天性の能力は徐々に失いつつあるのではないだろうか。視力や聴力はともかくも、その能力の一つにヒトを人間たらしめてきた感性も含まれているとしたら由々しいことである。20061028.jpg

スポンサーサイト
【2006/10/28 07:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
先日は当ブログにいらしていただきありがとうございました。

管理人さんのブログを拝見して、母の実家を思い出しました。
農家だったので、鶏、ブタ、馬そして猫も飼っていました。
当時は鶏も猫も俊敏で凶暴!?だったと思います。
その辺の草を引き抜いては、囲みの中の鶏に与えていましたが、小屋に入って卵を取ってくるのは怖くてできませんでした(笑)。
今の飼い猫は綺麗で大人しそうです。
飼いならされてしまったのでしょうか。
【2006/10/29 11:30】 URL | Jo #0QjNWJMw[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/76-e883a871
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。