スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
道端の地蔵様を拝み、神社の神様を拝み、またお寺の仏様を拝んできた我々の祖先は、家族の息災を祈り、五穀豊穣を祈り、死者の霊の安からんことを祈った。しかし、家族が病み、凶作にあっても、神を責めたり恨んだりしたことはなかった。それは、彼らが、合掌し心を込めて祈りを捧げる時、道端の石地蔵や神社の御神体やお寺の阿弥陀像などを越えた大いなる汝に出会い大いなる汝との関係の中に立ち、自分が大いなる汝〔神〕の中に生かされていることを感じたからではなかろうか。
スポンサーサイト
【2006/10/23 19:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/70-19510f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。