スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
昭和の初め、中国戦線の拡大にともない馬の徴用は、農家で飼われていた農耕馬が主体となった。石黒からも数頭の馬が徴用されたと聞く。
 当時、農耕馬は家族の一員として大切に飼われていたので、馬の徴用令が来ると、家族は、父や兄弟に招集令状が来たと同じような気持ちになったものであるという。
 太平洋戦争に、全国の農家から徴用された馬の数は300万頭をはるかに超えるといわれている。徴用された馬は、貨車や輸送船の船底に多数押し込められて運ばれたのであろう。
 斎藤茂吉編の『支那事変恋歌集」に軍馬を歌った2首がある。その一首「船底の 馬房に馬の 足踏む音 鉄板1枚 へだててきこゆ」からは、水や餌をもとめて前足で船底を掻く馬の様子がしのばれる。
 軍馬は、戦場では「活兵器」つまり生きた武器と呼ばれ大切に扱われたといわれるが、悪路を車をひかされ、鞍には百キロを超える荷をつけて運んだ。そして、ある馬は銃弾に倒れ、ある馬は怪我や病気で死んだ。またある馬は輸送中に海の藻屑と化し、ある馬は餌のない南島に置き去りにされた。昭和20年8月の敗戦の後、帰還した馬は一頭だにいなかったのである。
「足をくじき 山に棄てられし 日本軍馬 兵を懐かしみ 歩み寄り来る」、この短歌も、棄てられて人を恋しがって寄ってくる馬の哀れさが感じられ胸を打つ。

 童話作家の茶木滋さん(メダカの学校の作詞者)の本に「馬」という題の詩がある。
「馬はだまって 戦に行った 馬はだまって 大砲を引いた 馬はたおれた お国のために それでも起きようと 足うごかした・・・・・馬は夢見た 田舎のことを 田んぼたがやす 夢見て死んだ」 
スポンサーサイト
【2008/09/04 12:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/306-9f6073b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。