スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
テレビ番組の関口智宏の中国鉄道大紀行を見ていたら、ある土地で自分の幼い頃の記憶にある風景とそっくりな景色に出会ったということを述べている。
 プラトンの想起説ではないが、どうもこれに似たことを自分も感じることがある。また、中国の音楽を聴くとどうも自分が幼いときから慣れ親しんだ旋律のような感じがしてならない。水墨画についても同じ事が言えよう。これは自分だけではないに違いない。
 少なくとも中国と日本の文化を考えるときこの事実は取るに足らないことではないだろう。
スポンサーサイト
【2007/12/20 17:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/276-260e523a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。