スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
日頃、自宅近くの石油スタンドに立ち寄った時、備え付けの日経新聞を読むのを楽しみにしている。つい今し方も、「寛容と文明」という題のコラムを興味ぶかく読んできたところだ。「文明は異端者を処刑することで何度か停滞を繰り返してきた」という書き出しだったと記憶する。
要は、社会には様々な考えを持った人々がいるが、お互いに寛容な態度をもって異端者と真摯に議論することによって、新しい社会常識が形成される。そして、さらに時代が進むと、その常識に対する新たな異端者が現れ、その異端者と議論の結果、より高い新しい社会常識が形成される、という意味と自分は読み取った。
自分が読んだコラムの文意がその通りとして、この論理を現代社会に当てはめて考えると、いろいろ考えさせられる。
現代の日本ではお互いの考え方には極めて寛容であるが、真摯な議論が行われてより優れた社会常識が形成されているとは思えない。日本のみならず世界でも同様である。
現代では、科学的常識はめざましく発達しているが、社会的常識は後退しているようにさえ思われるのはなぜであろうか。
その原因を今の自分には、突き詰めて考える力はないが、ともすると、現代は、自分の考えを自信をもって主張する異端者もいばかりか、自分の考えを毅然と保ちながら異端者に立ち向かう人間もいない時代であるのかも知れない。
スポンサーサイト
【2007/03/20 18:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/245-14a07339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。