スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
午後から急激に気温が下がる。雪こそ降らないが今冬で最も寒い日かと思うほどである。自宅の書棚の整理をしていると40歳の頃に書いた日記風のノートが出てくる。1978.8.24「愚痴のような断片をノートに書き付ける空しい業のみに自分の人生は費やされて終わりはしまいか」と書かれている。このとき、自分は痔瘻の手術で長岡の病院に入院していた。見舞いに来てくれた人たちの名前も書かれているが、今、全然、記憶にない人も多い。自分が見舞った人のことは忘れないが自分を見舞ってもらった人をすっかり忘れるなどいかにも恥ずかしいことだ。このことから思ったことは、日記はその日の出来事をそのままメモ程度に書いておけばよい。それを時々読み返して見ることで、愚痴のような思考日記よりも余程、人間形成に役立つのではないか。
スポンサーサイト
【2007/03/17 19:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/242-b1d7bd86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。