スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
今日も日本晴れ。朝から黒姫山中腹にある集落の公民館で終日、古文書の撮影と整理をした。古文書といっても、今日見たものは明治時代のものが主であった。読んだ古文書で、特に興味をもったのは、全戸曹洞宗のこの村に天理教が入った事による騒動についての文書である。「差入申一札之事」「右自分義心得違ニテ天理教ニ加名し各最寄人民一同エ不都合相掛実ニ申訳無之・・・」という文書もある。結局、集落は天理教信者を村八分扱いにしたこともあった。信者は気の毒であった。
しかし、村としても〔明治34年〕突如として布教師がやって来て熱心に教えを説き、次々と宗旨替えをする家が出たのだから、さぞかし騒ぎとなったことであろう。全戸が先祖代々曹洞宗宗門として団結して生きてきた村人にとって重大事件であったに違いない。
そんな当時の村の人々のやりきれない気持ちが一枚一枚の古文書を通して伝わってくるような気がする。
公民館の二階の窓の外に目を転ずると、妙高、信州黒姫、苗場、谷川の真っ白な山並みが午後の日射しの中に美しく映えている。
村人たちは、その昔から、喜びにつけ悲しみにつけ、心の奥底で遠く美しきこの山々に語りかけながら厳しい人生を生き抜いて来たのであろう。
20070226.jpg

スポンサーサイト
【2007/02/26 20:33】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/219-b6af5d9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
村八分
村八分村八分(むらはちぶ)とは、村落の中で掟や秩序を破った者に対して課される制裁行為。地域の生活における十の共同行為のうち、葬式の世話(死体を放置すると腐臭が漂うため)と火事の消火活動(延焼を防ぐため)という、放置した場合他の人間に迷惑 いつきの部屋【2007/03/02 10:04】
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。