スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
今日も朝から晴天だ。夕方、裏のブナ林に入った。斜陽が、昨日降った雪のキャンバスに木々の影による淡青色の縞模様を描いている。こんなありふれた光景ではあるが、見ていると、子どもの頃からの己の心を形作ってきた自然の原風景の一つであることが分かる。じっと見ていると、その風景の向こうから、遠い日々の祖父母や父母のささやきが聞こえ、親しかった人々、愛おしかった人々のささやきが聞こえるようだ。その真っただ中で自分は今、確かに永遠というものを垣間見る思いがする。これは、感傷などというものではない。大いなる汝〔神〕と向き合った真に充実した現在の中にたとえ一時であろうとも自分が存在しているということである。
今日は晴れたが気温が低い。さて、小屋に入ってストーブを焚いて暖まろう。
20070202.jpg

スポンサーサイト
【2007/02/03 19:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/195-2ec1509f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。