スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
昨日の施政方針演説で阿部首相は教育再生を訴え、「教育の新時代」を強調した。昨年、子どものいじめによる自殺が相次ぎ、今、子どもに「命の尊さ」を教えることの必要が叫ばれている。
だが、我々は、その意味をほんとうに分かっているであろうか。命の大切を教えると言うことは、「命」、つまり、「生きること」を、もっと突き詰めて言うなら、「善く生きること」を教えること、何処で、というなら日常の暮らしの中で、具体的には、家庭と学校そして社会が一体となって、身を以て教え育てることに他ならない。口先だけでは絶対に教えることの出来ないことだ。また、教育制度を変えるくらいで実現できることでもない。
スポンサーサイト
【2007/01/27 17:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
 子供の教育には社会を良くすることが重要な視点だと思います。
 例えば、世の中にゲームが流行しそのメーカーや人々は勝手な理由をつけて、それを善い事としています。これを批判することは危険なことなのでしょうか、また犯罪になるのでしょうか? だとすれば、そのような件に対してこそ取締りを厳しくし、また規制緩和し、自由自在に批判可能な世の中になってほしいと思います。
 何時の頃からか盛んになってしまったセックス産業が世の中をおかしな方向へ導いたといっても間違いではないと思います。かの有名な「太陽の季節」という小説が重要な役割を果たしたと私は思います。このような問題にこそ政治は注意を払い規制するぺきものと思うのです。派生的に起ってきた問題にあれやこれやと教育には素人の方々が審議を尽くしても無駄だと思うのです。
 先ず、専門分野の研究者が根本問題にメスをいれた上で解決策を確立していただかねば、教育問題は解決されないと思うのです。
【2007/01/28 04:03】 URL | zazen256 #-[ 編集]
先の私のコメント(「規制緩和」)は削除してください。
よろしくお願いします。
寝ぼけ頭で、勝手なことを書き込んでしまいました。申し訳ございません。お許しください。
【2007/01/28 04:10】 URL | zazen256 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/187-d7ac3df0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。