スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
今日のある新聞が、EU連合がブルガリアとルーマニアの加盟により加盟国数が27になったことを報じている。1960代後半にEC〔欧州共同体〕が発足した頃は、誰が今日のEU連合を想像できたであろうか。新聞記事によると、EUはすでに2004年に、EU憲法を制定し国旗と国歌まで制定したと伝えている。国旗は青地に加盟国の数の星をあしらい、国歌はベートベーェンの「喜びの歌」だという。
自分のような人間が考えても、この欧州連合は人類の未来にも関わる実に壮大なる歴史的な試みだと思う。古代ローマ時代から武力による血の代償を払って何度か挑戦されきた国家統一という人類の夢が平和的手段によって着々と進められているのだ。
まさに、加盟主要国であるドイツとフランスの過去の長い歴史的な対立関係を想ってみても、その意味の大きさが理解できる。〔小学校時代、国語教科書にあった「最後の授業」描かれたアルザスの悲劇を思い出す人もいよう〕そして今日、人種、宗教などの共通性のある国に留まることなく、アジアのイスラム教国家トルコとの加盟交渉を開始したという。いうまでもなくこれだけ広大な統合事業であれば、課題も多くあろうが、南北問題など国家間の対立が深まる今日の世界情勢の中で実に注目すべきことであると思う。
スポンサーサイト
【2007/01/18 17:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/173-088f128d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。