スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
自分は今、山小屋の窓から冬山の木々を眺めている。私の目はカメラのレンズのように山の木々の形、色をだけをとらえているわけではない。木々の形や色はもちろんとらえてはいるが、それらを超えた一つの存在者としての木々、子どもの頃から見慣れ親しんだ「汝」として相対している。私がそれらの木々を70年にわたって見てきたように木々も70年にわたって私を見てきたと存在者として向かい合っている。20070117.jpg

スポンサーサイト
【2007/01/17 17:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
パート勤めをしていた頃、感じるところあって何時の頃からか密かに封印しがちだったものを「黄昏にて」に出会ったお陰で封を開け放ち、少なからず自信が持てるようになりました。感性の程を伝える文章力はありませんが形に表せないもの、心の眼でしか見れないもの、これからも自信を持って大切にして行こうと思います。
【2007/07/02 17:55】 URL | のふぐり #-[ 編集]
御投稿有り難うございました。現在、自宅改築中で回線撤去のため御返信が遅くなり失礼しました。これからもよろしくお願いします。
【2007/07/04 13:25】 URL | simoyokote #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/172-ebb44172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。