スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
我が故郷は日本有数の過疎地であり人口の激減にともなう高齢化が甚だしい。ある集落では平均年齢が70才に達している。だが、村人は驚くほど元気だ。80才代で数ヘクタールの稲作をしている人は珍しくない。中には、95才になっても真夏の炎天下での農作業、厳寒の真冬にも雪堀作業を休まずしている人もいる。
そんな村人の姿を見るにつけ、何故これほど元気なのか不思議に思う。ただ、一つはっきりしていることは、老夫婦だけで暮らしている彼らは何歳になろうが一国一城の主であることだ。生活の心構えからして隠居老人とは異なる。日々やらねばならない仕事も多いだろう。それも夏期には畑や田の仕事、冬には除雪の仕事と自然相手の肉体労働が主だ。確かに自然相手の厳しい生活には違いないが、そこには人間の本来の生き方に通じるものがある。このように考えてみると、我が故郷の村人が元気なわけが分かってくるように思われる。
人は老年になってからも目的をもって取り組める仕事を持ちたいものだ。それもできることなら自然との関わりの深い仕事がいい。
スポンサーサイト
【2007/01/06 17:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/159-d8db9259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。