スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
いよいよ今年も暮れようとしている。幸いなことに、我が故郷は60㎝ほどの積雪で、今日は日射しもある穏やかな晦日となった。
子どもの頃は、月遅れの正月であったので4mを越す雪の中での年取りも珍しくなかった。「年取り膳」のご馳走は、塩鮭の切り身、昆布巻き、ゼンマイの煮染め、ノッペ、卵焼き、煮豆、キンピラゴボウなどのおかずに、兎の肉の吸い物、それに真っ白なご飯であった。当時の子どもにとっては、一年中で一回きりの大馳走であった。
この日は年取り膳につく前に家族全員が仏壇にお参りをした。うす暗い広い仏間に座って、家長が読む経、「白骨の御文」の終わりを寒さに震えながら待ったものだ。
不思議なことに、今になっても自分には当時の年取りのご馳走が今まで食べたもので最高であったように思われる。例年どおり今年も、家内は面倒だと苦情を言うが、大晦日の献立はできるだけ当時と同じものにした。
これから御膳につくところだ。まずは、仏壇の前で「白骨の御文」を読み上げよう。
〔http://www.geocities.jp/kounit/「年中行事→トシトリ、正月 参照〕
スポンサーサイト
【2006/12/31 16:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/152-9c418a19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。