スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
蔵書の整理で残ったものの一つに新書版の二葉亭四迷全集がある。二十歳の頃に買ったものだ。表紙は布張りであるが紙は周りから既に酸化して茶色に変色している。そして、全巻が夏目漱石全集の「それから」のケースに入っている。元々、ケースはない装丁であったが、販売元の岩波書店に頼んでケースに入れてもらったのだった。本屋などない山奥のことだから代金は郵便振り替えで送金したのだが、その振替用紙の通信欄にその旨の依頼文を書いて送ったのであった。これに類した依頼は何度かしたが、岩波書店はいつもそれに応えてくれた。今にして想うとよく承知してくれたと思うものもある。
村の郵便局で代金を振り込むとおおよそ2週間で本は郵送されてきた。あれこれ、本の内容を想像しながら配達の日を待つのも楽しみなものであった。小包を開くとパラフィン紙のカバーで覆われた岩波文庫が現れる瞬間の感動は今でも思い起こすことができる。届いた本は、読み上げてしまうことが惜しく、残りのページを確かめながら読んだことも覚えている。
今は、自宅の近くに大きな書店があり沢山の本が並んでいる。たまには読みたいと思う本を買うが、当時の感動のかけらもない。並んでいる本も当時の本に比べて軽いものが多い。この自分も何かと重いものを敬遠する世相の風に染まってしまった人間の一人であるが・・・・・。
20061226.jpg

スポンサーサイト
【2006/12/26 15:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/146-83d04c9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。