スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
今日も終日雨。幸い気温はそれほど下がらず今夜は雪にはなるまい。山小屋の二階にいても部屋の中が日中から薄暗く夕方のようだ。日本海側とくに北陸の冬は陰気である。それも我が故郷のように谷間の村は尚更である。人の気分は日射しの下と暗雲の下では大分異なる。こういう日には部屋の照明をできるだけ明るくして仕事をするのもよいが、自分は薄暗い部屋の窓際で本を読むのも好きだ。昔、青年のころ、真冬の停電の中でロウソクをつけてシックスピアのマクベスを呼んだときに異様な迫力を感じたことがあった。暗い部屋の窓辺の読書もそれに似たものがあるのかも知れない。今、伝道の書を読んでいる。「しかし、時と災難はすべての人に臨む。人はその時を知らない。魚が災いの網にかかり、鳥が罠にかかるように、人の子らも災いの時が突然彼らに臨むとき、それにかかるのである。」「人は多くの年、生きながらえ、そのすべてにおいて自分を楽しませても、暗い日の多くあることを忘れてはならない。すべて来たらんとすることは皆空である。」聖書は偉大なる書物である。キリスト教には誰にも読めるこのような聖典があるが、仏教には、これに匹敵するものがない。
スポンサーサイト
【2006/12/17 15:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
kounitさん、わざわざご丁寧なお返事ありがとうございました。こちらこそどうぞよろしく。貴ブログへは時折訪問して読ませていただいておりました。
豊かな自然のなかの充実した暮らし振りが伝わってくるようです。

あなたの故郷が多くの若者たちでふたたび賑わうようになることを夢見ています。若者の都会偏重は解決できないものなのでしょうか。そういう問題意識をもっています。
【2006/12/17 21:23】 URL | そら #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/137-643470ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。