スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
今日、隣村の家で民具の写真を撮るために土蔵に入ったら一束の古文書があった。ゴミ同然にほったらかされいたものだ。こんなことは時々出会うことだが、庄屋でもない限り大した文書はなく借用証文や受領書などが主である。それでも、いつものことながら、薄暗い土蔵の窓際で一枚一枚めくって見るのが自分は好きだ。寒さも忘れるほど夢中になる。
周りには長持ちや膳箱、漆塗りのタンスなどがある。天井から角樽が下がっている。古い糸車もある。こんな場所で読むと型通りの借用証文でも伝わってくるものが違うように思う。天保3年の借用証文には自分の先祖らしき請け人の名前も見られた。なにか、胸が熱くなるような気がした。
スポンサーサイト
【2006/12/14 17:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/134-b134a4ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。