スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
先刻、民放のテレビニュースで、住宅街で猫が高い松の木に上って下りられないのではないかと、近くの住民が心配し消防署員まで出動したこと報じていた。マイクを向けられた女の人が「まあ、かわいそうに、電工さんが仕事をするときに使う重機で助けられないものかねぇ・・」などと述べている。だんだん大騒ぎになり、ついに、消防署員は網を木の回りに張ることになったらしい。
猫の方は、とまどった様子だ。下りられないのは、能力がないのではなく人が集まって騒ぎになっているためである。現場から伝える女子アナウンサーも「猫は必死に下りようとしていますが、少し下りては止まってしまいます。寒さのため猫は鼻提灯を出して・・・」などと、まさに事態は急迫して一大事という様子である。
昔は、農村ではどこの家にも鼠退治のために猫が飼われていたものだが、当時は放し飼いされていた犬に追いかけられると高い木のてっぺんまで上ったものだ。そして、手間取るが必ず下りたものである。そんな、光景を子どもの頃から見ている自分には、このニュースには素直に動物愛護の心の表れとは受け取れないものがある。
スポンサーサイト
【2006/12/07 20:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kounit.blog74.fc2.com/tb.php/127-27847e4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自分の言葉で哲学しよう!


幼稚と言われてもいい、とにもかくにも、自分の言葉で考えて表現してみよう。人間について、自然について、人生について、毎日一回、素朴な哲学者になって、考えてみよう!

プロフィール

SimoYokote

Author:SimoYokote
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。